トップページ RI会長メッセージ ガバナー地区方針 委員会計画 週報のページ クラブ概要
会員のページ 例会場のご案内 えにしだ基金 えにしだ植樹 東日本大震災支援活動への取り組み お問い合わせ
 

委員会計画

内容はスクロールしてご覧ください。
また、下記の項目はクリックしてください。PDFファイルにて表示されます。


 会長基本方針
 
2017〜2018年度会長  脇   吉 昭

  40周年も終わり、私達茅ヶ崎湘南ロータリークラブは新たな時代へと踏み出しました。
  ここ数年当クラブは、社会奉仕に対して様々な仕組みを考え実行に移して参りました。その結果多くの社会奉仕活動が実行されております。
  しかし、もっと生き生きとした開かれたクラブにするには、国際ロータリーの柔軟性を持った改革をクラブ運営に取り込んでいき、この柔軟性を、クラブにとって、ロータリーとして良い方向へと積極的に推進して行くことです。
  そして私達茅ヶ崎湘南ロータリークラブは、親睦を通じて生涯に渡る友情を育み、高潔性を以て約束や倫理を守り、多様性を以てさまざまな考え方をつないで問題に取り組み、奉仕を通じてリーダーシップと職業スキルを生かし、地域社会の問題の隙間を埋めていく努力をして参ります。
  本年度は、これからの10年に向けて、より快活に楽しいロータリーライフを目指す足掛かりにして行きたいと思います。

基本計画
 1. 50名体制に向け、公共イメージの向上など、メディアとの連携を図り、クラブ全員で会員増強意識を共有し、
  実行に移す。
 2. 会員全員がロータリーとは何か、他クラブとの違いは何かと説明できるような、短いセンテンスでみんなが
  暗唱できるようなクラブPR文の作成。
 3. 五大奉仕を中心にした奉仕活動の充実。(「えにしだ基金」、えにしだの植樹の推進)
 4. R財団(奉仕活動のへの原資)、米山奨学金への前向きな協力。
 5. 会員すべてがロータリーの情報を共有するために、マイロータリーへの積極的な加入。
 6. 柔軟性の正しい理解(2016年規定審議会)
 
 幹事目標
 
幹 事  城 田 英 昭
副幹事  脇   卓 光
活動方針
 円滑なクラブ運営のために、会長と協力し各委員会を支援すると共に、クラブメンバーとコミュニケーションを図り、積極的な事業参加を促す。

活動計画
 1. 委員会計画書に基づく例会運営、委員会、諸会合等の把握並びに協力
 2. RI、地区からの各種情報の正確な伝達と活用
 3. 各種記録の保管、諸会合の通知、議事録の作成と保管等
 
 会長エレクト
 
会長エレクト  小 川   晃

 会長方針に添って、クラブ運営に協力し、クラブの活性化と活動の充実に取り組みます。また、前年度スタートした、クラブビジョンプロジェクト委員会(戦略計画・研修・会員増強・選考・出席向上)の委員長として委員会のメンバーとクラブの長期戦略を考えていきます。
 
 会場監督
 
S A A  新 門 三千夫
副 S A A  三 堀   満
活動方針
 会長方針に基づき例会場の設営と管理に努め、例会の活性化をいたします。

活動計画
 1.クラブ例会の充実に努める
 2.メンバーの親睦の推進の場づくり
 3.出席率アップの推進
 
 会員増強委員会
 
委員長  小 川 裕 暉
活動方針
 新たに10年先を見越した会員増強へ!
 課題である例会出席率の向上は、会員増強にとって重要な鍵となります。 現会員の意識や考え方が、これから入会を希望する者にとっての判断基準にもなり ます。また現時点で会員数を増やすだけの増強ではなく、10年先を見据えた会の 運営において増強をしていかなければと思っております。
 そこで、まず我々現会員が、親睦を通じて生涯にわたる友情を育み、快活なクラ ブライフを目指す姿勢を発信し会員増強に繋げていきたいと思います。

活動計画
 1. クラブビジョンプロジェクトの活用
 2. 新会員・候補者・会員との交流を深める親睦会の開催
 3. 魅力ある増強方法の検討
 4. 退会防止に努める

◎クラブビジョンプロジェクトチーム
委 員 長(会長エレクト ) 小 川   晃
副委員長   加 藤 盛 久
小 又 賢 二  矢 野 嘉 哉
金 指 一 郎  小木曽 幹 雄
吉 田 大 亮
直前会長   伊 澤 敏 典
事 務 局(副幹事) 脇   卓 光
活動方針
 近年、RIの方向性が著しく変化しているように思われます。等クラブにおいても様々な問題を抱えながら、ロータリー活動を進めていくことになります。ロータリアンが、例会や奉仕活動を通して、また、職業や日常生活を通して、何を考えどのように行動していけばよいのかを模索していきたいと思います。

1) 戦略計画の策定⇒クラブの3年・5年先のビジョン実現のために
 ア)会員増強
 イ)奉仕プロジェクト
 ウ)公共イメージの向上
 エ)リーダーの育成
 オ)ロータリー財団への参加
  などの長期目標を定め、クラブ戦力計画を立てて、目標達成に向けてクラブ全体で取り組みます。
2) 出欠席の連絡の徹底を通して、会員の例会への意識を高め、出席率の向上を図る。
3) 会員増強の方法や方向性を検討する。
4) 会員のロータリー活動に資する研修の実施を図る。
5) 必要に応じ、細則の変更を検討する。
 
 クラブ管理運営委員会
 
委員長  矢 野 嘉 哉
活動方針
 クラブ全体のコミュニケーションを活発にするということを第一に考え、事業や委員会を進めてまいります。委員会内部では、役割の垣根を越えて、各小委員会の役割を委員会メンバー全員で企画/実施します。そして、会員一人一人が楽しいクラブだと感じてもらえるようなクラブ管理運営を目指します。

◎親睦活動・出席
リーダー  菊 池   傑   島 崎 英 明
松 田 力 夫   島 川 麻 美
櫻 井 真 貴   和 田 隆 之
小 島 一 男   海 上 勇 樹
佐 藤 昭 人
親睦活動方針
 会員同士の楽しい交流の場を企画し、未来に向けた元気ないいクラブを目指すために活動します。

活動計画
 1.アフターロータリの開催(毎回テーマを決めて実施 3か月に1回)
 2.会員相互および家族の参加できる親睦例会の企画・運営
   (2000回記念例会 バーベキューなど)
 3.忘年家族例会の企画・運営
 4.近隣クラブとの合同例会の企画
 5.マイロータリー登録および利用の推進

出席活動方針
 出席率向上のために施策を検討します。

活動計画
 1.例会及び各事業への出席奨励及び例会欠席分のメークアップの奨励
 2.例会出席の報告

◎クラブ会報・スマイル
リーダー  須 藤   伸    三 堀   満
日 浅 侯 方   武 田 正 己
大 熊 英 一   吉 田 大 亮
クラブ会報活動計画
 クラブ会報、ホームページの発信をする。

スマイル活動計画
 スマイル活動を活発化し、会員同士のコミュニケーションを深め、同時に社会に貢献する。

◎プログラム
リーダー  脇   卓 光
活動方針
 例会の充実と活性化

活動計画
 1.会員卓話
 2.外部の方をお招きしての卓話
 3.会員家族と親睦できる例会の開催
 4.ロータリー月間に則した例会の開催
 
 奉仕プロジェクト委員会
 
委員長  小木曽 幹 雄
活動方針
 会長の基本計画にある「五大奉仕を中心にした奉仕活動の充実」を目指し、「ロータリアンの行動規範」にある「地域社会や世界中の人びとの生活の質を高める」ため、茅ヶ崎湘南ロータリークラブらしい奉仕活動に取り組みます。

活動計画
 定期的に委員会を開催し、社会奉仕・職業奉仕を軸にした公共イメージの向上に繋がる事業を検討します。

◎社会奉仕
リーダー  赤 間 芳 陽   三 川 覚 永
佐 藤 昭 人   海 上 勇 樹
杉 崎 俊 彦   吉 田 大 亮
山 田 英 夫   大 村 日出雄
須 藤    伸
活動方針
 お互いを尊重し、世のため人のためになる奉仕活動に取り組むことで大いなるを感じ、メンバー同士の親睦を深めます。

活動計画
 1. えにしだ苗の植樹
 2. 浜降祭後の海岸清掃
 3. 「えにしだ基金」授与団体との心肺蘇生講習会

◎職業奉仕
リーダー  加 藤 盛 久   熊 沢 秀 雄
神 崎 正 陳   平 岡 幸 子
小 又 賢 二   小 口 英 世

活動方針
 お互いを尊重し、世のため人のために役立つ信頼される仕事をすることに、大いなる歓びを感じるための奉仕活動に取り組みます。

活動計画
 1. 内向きの職業奉仕
 2. 外向きの職業奉仕
 3. 「職業を語ろう!」プロジェクト
◎公共イメージ・雑誌
リーダー  松 宮   剛  脇   洋一郎
藤 井 範 久
活動方針
 1:ロータリークラブは、その会員の母体としての「地域社会」をより善い社会へと導く使命と責務を負うている。その自覚を会員個々が確認する作業を何らかの形で支援したい。
 2:『ロータリーの友』、『THE ROTARIAN』、『手続要覧』を媒介とする全般的なロータリーの活動・動向・基本方針などに関する情報を伝えることによって、委員会の役務を果たして行きたい。

活動計画
 1:奉仕プロジェクト委員会の活動を地域社会に知らしめる活動
 2:ロータリーの最新情報を例会・その他の機会を通じて会員に伝達する活動
 3:国際ロータリーや地区とクラブとの関係や夫々の責務を知るための活動
 4:上記3点の活動を具体化するための小委員会活動を活発にする

◎国際奉仕
リーダー  原 田   進   浅 田 正 允
渡 邊   來
活動方針
 国際理解・親善・平和の推進に繋がる奉仕活動に取り組み、メンバー間の親睦を深めます。 活動計画
 1. 姉妹クラブの台北延平ロータリークラブとの相互訪問
 2. 国際理解のための勉強会
 
 ロータリー財団委員会
 
委員長  太 田 英 之
活動方針
 ロータリー財団は「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を求め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」 を使命として掲げ、世界各地で実施されるプロジェクトに補助金を提供しています。
 これらロータリー財団を通じて実現された活動を会員に紹介し、ロータリー財団 意義を確認するとともに、地区目標を達成するように努めます。
 また、他委員会と連携し各種補助金の活用について検討します。

活動計画
 1. ロータリー財団への寄付の地区目標の達成に努める。
 2. ポリオ・プラスへの寄付の地区目標の達成に努める。
 3. 米山奨学事業への寄付の地区目標の達成に努める。
◎米山奨学事業
リーダー  清 水 知 彦   小 笹 貴 夫
木 村 敬 史
活動方針
 当クラブ会員一人一人が,将来母国と日本との懸け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学すると共に,その一手段として,勉学や研究を志して日本に在留している外国人留学生に対する寄付金を確保すること。

活動計画
 米山奨学生を,経済面及びそれ以外の面で支援する。
 


 
Copyright (C) 2009-17 茅ヶ崎湘南ロータリークラブ All Rights Reserved.