トップページ RI会長メッセージ ガバナー地区方針 委員会計画 週報のページ クラブ概要
会員のページ 例会場のご案内 えにしだ基金 えにしだ植樹 東日本大震災支援活動への取り組み お問い合わせ
 

委員会計画

内容はスクロールしてご覧ください。
また、下記の項目はクリックしてください。PDFファイルにて表示されます。


 会長基本方針
 
会 長  脇   卓 光

 2020年2月頃から新型コロナウイルスの猛威により、自粛生活が長く続き、ロータリー活動も停止しました。その結果、社会環境、日常生活、仕事のやり方やロータリー活動などが大きく変化し、今年度もその影響が続くことが予想されます。
 また、今年は日本にロータリークラブが誕生して100年目に当たります。
 このように大きく世の中が変わり、尚且つ100年目という区切りの年の会長とは、時代の流れに柔軟に対応することが求められていると感じています。
 今年度は色々な課題が出てくると思いますので、その課題に対して固定観念にとらわれず、前向きに取り組んでいこうと思っています。
 数か月例会がなくロータリー活動を行っていなかったため、会員皆様のロータリーに対する思い入れが遠くに行っているかもしれませんので、先ずはその距離を縮めるための例会の充実と親睦活動、そして委員会の開催回数を多くし、意見交換を活発にしてロータリー活動への参加意識を高めていこうと思います。

基本計画
 1.有意義な例会と親睦活動
    楽しくて参加して良かった、また参加したいと思える例会と親睦活動を推進します。
 2.会員増強・会員維持
   久保田ガバナーの方針に、「もっと多くの人が集まれば、多くのアイデアが集まり、より大きなこと不可能と思っていたことが実現できるかもしれません。」とありますように、新たなことに取り組むためにも新たな人を増やすことが最重要と考えます。また、現在の会員の減少を抑える方策を検討します。
 3.新たな奉仕事業の計画
   公共イメージのアップを図り地元に貢献する継続的な奉仕事業を計画します。
 4.ロータリー財団、米山奨学事業、ポリオプラスへの協力
 
 幹事目標
 
幹 事  太 田 英 之
副幹事  山 本 義 治
活動方針
 会長基本方針のもと、会長及び各委員会に協力し、円滑なクラブ運営、各会員の積極的参加を促す環境作りに努めます。

活動計画
 1.委員会計画書に基づく例会運営並びに、委員会・諸会合等の把握及び協力
 2.RI、地区からの各種情報の正確な伝達と活用
 3.各種記録の管理、諸会合の通知、議事録の作成と保管等
 
 会長エレクト
 
会長エレクト  城 田 英 昭

活動方針
 会長方針に従ってクラブ運営に協力し、クラブの活動が充実するように努めます。
 来年度の創立45周年を迎えるにあたり、その礎となるメンバー間のコミュニケーションが、より活性化するように取り組みます。
 地区補助金を活用出来るような事業を模索し、検討準備を進めていきます。
 
 会場監督
 
S A A  松 宮   剛
副 S A A  小 川   晃
活動方針
 「会場監督は、クラブ例会をはじめとするすべてのロータリークラブの会合が、その使命を充分果たされるために、秩序正しく友好的で品位があり、かつ能率的な運営がなされるよう、設営並びに監督する役務を課された者である。」
 このことを充分理解したうえで、今年度は特に下記のことに配慮して役務を果たして行きたいと思います。

活動計画
 1.品位ある明るい会場運営に助力する。
 2.例会における着席位置については、出来る限り多くの会員との交流が図れるよう配慮を怠らない。
 3.来訪者、ゲストに対し最大限の歓迎の意を表すよう心掛けを促す。
 4.会員相互も常に声をかけ合うことの必要性を呼び掛ける。
 5.会員増強委員会の会員維持活動に側面から協力して行きたい。
 
 会員増強委員会
 
委員長  須 藤   伸
活動方針
 『貴方が考える茅ヶ崎湘南ロータリークラブ(以下、〔クラブ〕という)の魅力とは何でしょうか』
 当然、想いや感じ方は人それぞれだと思います

 今年度会員増強委員会では、様々な角度からクラブの魅力を発信し、会員を始め、多くの方々にクラブ活動を伝え、一人でも仲間が増えるよう、一年間楽しく笑顔で活動していきたいと思いますので、宜しく御願い致します

活動計画
 1.クラブ内でのコミ二ケーション作り
    (退会防止の為)
 2.他団体との交流
    (会員拡大の為)
 3.クラブの魅力を考える
    (会員拡大の為)

◎クラブ研修
リーダー  加 藤 盛 久
脇  洋一郎  脇  吉 昭
活動方針
 本年度クラブ研修委員会では、会員候補者に対してロータリークラブ会員の特典と責務の情報提供させて頂き、新会員にはこれらを理解して頂く為のオリエンテーションを開催し会員の育成を図りたいと思います。
 そして会員の皆様には情報を再確認して頂くと共に新たな情報を提供していきます。
 未来に向けクラブが益々成長できるよう、会員の皆様のご協力とご指導宜しくお願い致します。

活動計画
 1.会員候補者に対してロータリーの特典と責務に努めます
 2.新会員に対してのオリエンテーションの開催
 3.国際ロータリー、地区からの情報提供に努めます
 
 クラブ管理運営委員会
 
委員長  蜷 川 和 宏
活動方針
 会長の基本方針・計画に基づき有意義な活動に努め、今年度も会員が楽しく参加したくなる又は参加して良かったと思える例会の企画・運営を実施します。』

◎親睦活動・出席
リーダー  蜷 川 和 宏
鈴 木 世 界   小 川 裕 暉
山 口 真一郎   大 村 日出雄
原 田   進   山 田 英 夫
杉 崎 俊 彦   成 瀬 宏 之
小 暮 秀 和   吉 田 大 亮
活動方針
 コロナ禍においても、何かしらのイベントを開催し、会員皆さまの親睦を深められるよう、工夫します。

活動計画
 1.アフターロータリー or ネットでの会合の定期開催
 2.会員ご家族も参加できる様、感染防止を考慮した親睦例会の開催
 3.Web会合も導入し、近隣クラブ、姉妹・友好クラブとの親睦活動を再開する

◎クラブ会報・スマイル
リーダー  清 水 知 彦
和 田 隆 之   小 川   晃
クラブ会報活動計画
 クラブ会報、ホームページを発信する。

スマイル活動計画
 スマイル活動を活発化し、会員同士のコミュニケーッションを深め、同時に社会に貢献する。

◎プログラム
リーダー  山 本 義 治
活動方針
 2020東京オリンピックまでもが延期になるという昨今、大きく変わりつつある日常の現状を踏まえながら、例会を始め、その他様々な活動に対し、会員並びに参加された全ての方々が有意義に過ごせるよう活動していく。

活動計画
 1.会員卓話の開催
 2.クラブ協議会、クラブフォーラムの開催
 3.新入会員に対して充実するアカデミー要素を含んだ例会の開催
 
 奉仕プロジェクト委員会
 
委員長  伊 澤 敏 典
活動方針
 本年度の会長方針に則り、当クラブの、奉仕活動(えにしだ基金)を振り返り、その活動内容をクラブ内で共有することにより、改めて、当クラブの奉仕活動の方向性を探る。

活動計画
 コロナ過での、社会奉仕事業の検討と実践、中長期での新たなる社会奉仕事業の創造

◎社会奉仕
リーダー  降 矢   敬   脇   吉 昭
小 笹   望   浅 田 正 允
木 村 敬 史   大 熊 英 一
活動方針
 本年度の委員長方針に則り、これまでの奉仕活動(えにしだ基金)の経緯を振り返り、クラブ間で共有し、改めて当クラブの奉仕活動の方向性を追求する。

活動計画
 コロナウイルスによる社会状況の変化にも順応しながら、子供の成長を見守れるスポーツ支援から中長期にわたる新たなる社会奉仕事業の創造を図る。

◎職業奉仕
リーダー  海 上 勇 樹

活動方針
 ロータリーの「職業奉仕」の概念を真剣に学び、各委員が情報を共有し理解を深め職業奉仕を実践する。

活動計画
 1.職業奉仕についての外部卓話
 2.職業奉仕についての会員による卓話
 3.例会時の「四つのテスト」の唱和と確認
 4.メンバー各自が地域社会のニーズに沿った職業奉仕を行い仲間のとの交流を深める

◎公共イメージ・広報・雑誌
リーダー  松 宮   剛
神 崎 正 陳   赤 間 芳 陽
活動方針
 クラブ活性化のために、ロータリアンとして、会員個々の自覚と参加意識を高めることは、欠くことの出来ない必須要件だと思います。それが地域社会に対し、ロータリー活動を発信する原動力になると思うからです。そのために今年度は、委員会として下記のような貢献をしたいと思います。

活動計画
 1.クラブ幹事名で発行される【会員証】をささやかな自覚の縁としたい。
 2.当クラブの入会式における「誓いの言葉」を、ロータリアンの責務を的確に表した文書として、日常の活動に生かすよう奨励する。
 3.クラブ研修委員会に協力することによって、ロータリー理解を深める活動をサポートする。

◎国際奉仕
リーダー  山 口 真一郎
鄭    裕 中
活動方針
 国際的な交流を通じ、国際理解、親善、平和を深める

活動計画
 コロナ禍の中、姉妹クラブ台北延平ロータリークラブとの相互訪問は難しいと考えられるが、コミニュケーションを密にして、関係を維持、親睦を図っていく。
 
 ロータリー財団委員会
 
委員長  菊 池   傑
活動方針
 ロータリー財団を通じて実現された活動内容を会員に紹介し、ロータリー財団への理解を深めます。
 また、各委員会と連携して目標達成に向けて努力します。

活動計画
 1.ポリオプラスに対する協力。
 2.ロータリー財団への寄付の地区目標達成に努める。
 3.米山奨学事業への寄付の地区目標達成に努める。

 


 
Copyright (C) 2009-20 茅ヶ崎湘南ロータリークラブ All Rights Reserved.